大阪難波で顔・フェイスライン専門の
美容整形外科・
美容皮膚科・形成外科

TEL.06-6585-9138

美容整形のここが知りたい!医師監修記事

鼻を小さくする美容整形の手術方法は?

2021.01.18

鼻翼縮小イメージ

この記事では、大きい小鼻や鼻の穴を小さくする整形手術について紹介します。患者様それぞれ、最適な手術方法は異なりますが、大きな鼻を小さくしたいとお悩みの方は是非参考にご覧ください。

小鼻の皮膚を切除する鼻翼縮小術

ここでは鼻翼縮小術について紹介いたします。MIYAフェイスクリニックでは、鼻翼縮小術を内側法、外側法、中間法の3つの独自の分類にて治療を行っております。

鼻翼の内側のみを切除する内側法

「内側法」とは、その名の通り鼻の内側を切り取り余分な皮膚と組織を切除する手術です。内側だけを切開するため傷が見えづらいという大きなメリットはあるものの、鼻翼そのものを小さくするデザインではなく、鼻翼の大きさよりも、鼻の穴の大きさを小さくするのに適した方法です。

内側から外側まで連続して最大限に小さくする外側法

小鼻の付け根の外側を切開し、余分な皮膚と組織を切除します。切除できる部分が非常に大きく、小鼻を最大限に小さくするためには適した方法です。ただし、外からメスを入れるため内側法に比べると傷が露出し、わかりやすくなります。

内側と外側の一部分を切除する中間法

中間法とはMIYAフェイスクリニックで最も人気のある方法です。内側法と外側法のメリットを最大限に生かし、鼻の内側と外側の一部分を切除していきます。小鼻の付け根付近にある鼻の中部分から外の部分にかけて切開しますが、鼻を横から見ても傷痕が見えない範囲に設定されています。 これにより、傷跡が目立たない上に内側法と違い鼻翼の大きさの変化にも高い効果が期待できます。 また、中間法の場合は、後から外側法になるよう「切り足す」ことも可能です。一度結果を見てから、さらに切り足すかどうかを患者様ご自身でご判断いただけます。 ただし、これまで切り足したいという希望はほとんどなく、1度で効果を得られるのが中間法の特徴となっています。

鼻翼縮小術のリスクや副作用について

ここでは鼻翼縮小術のリスクや副作用について紹介いたします。

赤み・表面の凹凸・ニキビ様の皮膚症状

鼻翼の付け根付近は皮脂腺が非常に発達しているため、傷がなかなか落ち着かないことがあります。その影響で強い赤みや表面の凹凸、ニキビに似た皮膚症状が現れることがあります。通常は時間の経過と共に改善していきますが、長引く場合はご相談下さい。

感染(化膿)

非常に稀な事ですが、どのような手術でも細菌感染が起こる可能性があります。術後感染対策として術後は抗生剤を処方しておりますが、気になる事があれば早めにご相談下さい。

内出血

麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。また、術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがありますが、時間の経過と共に消失していきます。

縫合線上へ毛穴の出現

特に外側法では注意が必要です。縫合線(キズ)は時間の経過と共に馴染み、落ち着いていくことがほとんどですが、稀に縫合線上にポツポツとした毛穴が生じる事があります。

患部の腫れ

鼻翼縮小術後は、小鼻の付け根があぐら鼻様に広がって腫れますが、小鼻をサイズダウンしてからの腫れであるので、あまり大きく腫れている印象に感じない事が多いです。 ここまで鼻翼縮小術のリスクや副作用を紹介してまいりました。 鼻翼縮小術をご検討中の方は、MIYAフェイスクリニックの鼻翼縮小術も合わせてぜひご覧ください。

鼻翼縮小術の料金について

内側法で110,000円、中間法で209,000円、外側法で308,000円(全て税込)がMIYAフェイスリニックの料金となっております。

鼻翼縮小術のドクターの選び方

ここでは小鼻縮小術のドクターの選び方について紹介いたします。

カウンセリングを重視しているか

一番重要なポイントは「医師がしっかりと時間をかけてカウンセリングしてくれるかどうか」です。美容医療は、非常にデリケートな治療で高度な技術が要求されます。 「悪いところを治す」のではなく「なりたい自分に変わる」ための治療なので、医師の美的センスや医師と患者様の理想とするイメージの擦り合わせが必要となります。

必要な費用の明細を詳しく説明してくれるか

患者様の理想に合わせて、プランの変更や「他の治療と組み合わせるとより効果的だ」と案内されることもあるかと存じます。その際に「なぜ必要なのか」「どのくらい効果が見込めるのか」「デメリットはあるのか」「費用はいくらかかるのか」といった内容をわかりやすく説明してくれるかどうかも非常に大切です。 必要以上の治療を無理に勧めずに予算の範囲内でできる最善の治療を提案してくれる医師は、比較的信頼できる医師だといえるでしょう。

医師の実績は信頼できるものか

美容診療を行う医師に必要なものは、「医師免許」のみです。極端に言えば美容医療の診療経験が少ない内科医でも小児科医でも「医師免許」を有しているので「美容外科」「美容皮膚科」を標榜した開業は可能です。 しかし、美容医療は繊細な技術や個人の美的感覚が要求される、高度で専門的な医療分野です。だからこそ、美容医療の分野においての実績が非常に大切なポイントとなります。できるだけ情報を集め、信頼できる医師を探していきましょう。 MIYAフェイスクリニックの特徴やドクター紹介はこちらからご覧いただけますので、ぜひ一度ご覧ください。

鼻を小さくしたい方は信頼できる医師に相談しよう

鼻はお顔の中心にあり、非常に目立つ部分です。ここにコンプレックスを感じ、ご自身の理想の鼻になりたいと考える方も増えているように感じます。美容形成外科で手術を受けたい場合は、複数のクリニックで直接医師のカウンセリングを受けて、信頼できる医師に依頼するようにしましょう。

関連記事 鼻の部位と、鼻整形の種類を知って自分に合った施術を探そう 切らずに鼻を整形する方法は?MIYAフェイスクリニックが糸を用いない理由

ご予約&お問い合わせの受付はこちら