大阪難波で顔・フェイスライン専門の
美容整形外科・
美容皮膚科・形成外科

TEL.06-6585-9138

しわ・たるみ・フェイスリフト(顔のリフトアップ)の施術

しわ・たるみ・フェイスリフト(顔のリフトアップ)の施術について

             

原因を診断して適した治療・施術をご提案

しわ・たるみのお悩みは誰にでもあり、特に女性の方のお悩みは多岐に渡ります。しわ・たるみの原因をあげれば、表情のクセ、表情筋の衰え、ストレス、肌の乾燥、紫外線の影響、コラーゲンの減少、エラスチンの減少など、肌トラブルの原因は様々です。当院ではそれらを的確に診断し、幅広いリフトアップ治療の選択肢の下、患者様一人一人に適したお顔のリフトアップ治療・施術をご提案致します。まずは、ゆっくりとお話をお聞かせください。 カウンセリングでお待ちしております。

MIYAフェイスクリニック院長宮里 裕

写真:MIYAフェイスクリニック 院長 宮里 裕

しわ・たるみ・フェイスリフト(顔のリフトアップ)の施術一覧

フェイスリフト

このようなお悩みの方に

  • しわ、たるみに対するこれまでのプチ整形治療や糸リフトでは満足できない。
  • 最も確実なリフトアップ効果を望む。
  • ほうれい線、マリオネットラインが気になる。
  • 四角くなったフェイスラインをシャープにしたい。

料金について

¥500,000~¥850,000(税抜)

フェイスリフト施術

スレッドリフト(糸リフト)

このようなお悩みの方に

  • フェイスラインのたるみを改善したい
  • ホホのたるみが気になる
  • ほうれい線が気になる
  • 老化によるたるみの予防をしたい
  • メスを使ったたるみ治療に抵抗がある

料金について

¥28,000~(税抜)

スレッドリフト(糸リフト)

ウルトラセルQプラス(HIFUによるリフトアップ)

このようなお悩みの方に

  • フェイスラインのたるみが気になる
  • 小顔になりたい
  • 切らずにリフトアップしたい
  • 二重アゴが気になる
  • 肌にハリがなくなってきた
  • 小ジワをなんとかしたい

料金について

¥150,000(税抜)

         

しわ・たるみ・フェイスリフト(顔のリフトアップ)の施術 よくあるご質問

Question

フェイスリフト・ミニリフト施術にはどのような効果がありますか?

Answer

フェイスリフトとは、単に余った皮膚を取り除くのみではなく、皮膚直下の表在性筋膜(SMAS)処理を行うため、引上げ効果が非常に大きいです。
また創縁(傷のふち)へのテンションが少ないため、傷跡もきれいに治りやすいです。顔全体のたるみを改善するトータルフェイスリフトが斜上方へのリフトアップが最も効果的に 引き上がります。 最も悩みとして多い頬下顎や頚部(首)のたるみに関しては、ミニリフト(ミドル~ロー)での効果も大きく、非常に満足度の得られる施術です。

Question

フェイスリフトとミニリフト(2種)はどのように選択したらいいですか?

Answer

リフトアップ目的の施術するのならリフト効果は大きい方がいいので、効果の高い治療から優先的に検討する事が自然です。
そうなると確実なリフトアップ効果が期待できるフェイスリフトの外科治療がファーストチョイスとなります。
しかし人によっては術後のダウンタイムや傷の治癒経過など次第では適応とならない場合もあります。 その場合、治療のグレードを下げての治療選択(糸リフトやレーザー等)となるためリフト効果も下がります。
このようにどれが自分の条件に適しているかで、その人にとって最も効果の高い治療を選択するべきです。

Question

フェイスリフト施術の麻酔はどのようなタイプがいいですか?

Answer

フェイスリフトの施術は痛みを伴うため静脈麻酔の併用が望ましいです。
静脈麻酔麻酔とは、点滴から麻酔薬を入れて眠った状態にする麻酔です。
当院では局所麻酔する時のみ眠る状態にするショートと、局所麻酔時以外も施術中を通して眠る状態にするロングの二通りがあります。 複数の組み合わせ手術がある場合は手術時間を要するためロングが望ましいです。

Question

VOVリフトとウルトラVリフトの違いは何ですか?

Answer

どちらも外科手術に抵抗がある方にお勧めのリフトアップ治療です。しっかりと引き上げたい方はVOVリフトがお勧めです。ウルトラVリフトは、より自然な変化をご希望の方にお勧めで、さらにお肌のハリ・ツヤがアップします。

Question

ウルトラセルQプラス(HIFU)のリフトアップ効果はどのぐらい持続しますか?

Answer

ウルトラセルQプラス(HIFU)のリフトアップ効果には個人差がありますが、効果を維持するためには半年に1回の施術が理想的です。