大阪難波で顔・フェイスライン専門の
形成外科専門医による
美容整形外科・美容皮膚科・形成外科

TEL.06-6585-9138

しわ・たるみ・フェイスリフト(顔のリフトアップ)の施術

しわ・たるみ・フェイスリフト(顔のリフトアップ)の施術について

             

原因を診断して適した治療・施術をご提案

しわ・たるみのお悩みは誰にでもあり、特に女性の方のお悩みは多岐に渡ります。しわ・たるみの原因をあげれば、表情のクセ、表情筋の衰え、ストレス、肌の乾燥、紫外線の影響、コラーゲンの減少、エラスチンの減少など、肌トラブルの原因は様々です。当院ではそれらを的確に診断し、幅広いリフトアップ治療の選択肢の下、患者様一人一人に適したお顔のリフトアップ治療・施術をご提案致します。まずは、ゆっくりとお話をお聞かせください。 カウンセリングでお待ちしております。

MIYAフェイスクリニック院長宮里 裕

写真:MIYAフェイスクリニック 院長 宮里 裕

しわ・たるみ・フェイスリフト(顔のリフトアップ)の施術一覧

       
         

■フェイスリフトアップ治療比較表

…リフトアップ効果(5段階)

《当院人気施術》
フェイスリフト(トータル)

切開リフト

評価5

持続期間:
10年以上 

顔全体のリフトアップと斜め上方への引き上げ効果。
リフト効果はリフトアップ手術の中で最も高く、顔全体のリフトアップを希望する方におすすめ。
ミニリフト(ミドル~ロー)

切開リフト

評価4

持続期間:
10年以上 

頬のたるみ、下顎のフェイスラインのリフトアップ効果。
こめかみリフトは含まない。
加齢による下顎のたるみと頬部の治療には必須です。
ミニリフト(ハイ~ミドル)

切開リフト

評価3

持続期間:
10年以上 

こめかみ、頬のたるみの引き上げとリフトアップ効果。下顎のたるみが少ない人におすすめです。
VOV(ボブ)リフト

糸リフト

評価2

持続期間:
半年~1年 

医療用の溶けるPCL製の突起が付いた糸を皮下組織に挿入し、引っ掛けることで、たるみを引き上げる糸リフトです。コラーゲンを生成する作用も。
ウルトラVリフト

糸リフト

評価1

持続期間:
半年~1年 

自然なリフトアップ効果を得ることができ、美肌効果や毛穴改善効果も期待できます。
ウルトラセル
Qプラス

HIFU治療

評価1.5

持続期間:
半年 

たるみの原因であるSMAS(表情筋層)にまで熱エネルギーを与え、お肌の奥から一気に引き締めてリフトアップするHIFU治療。ダウンタイムもほとんどありません。

 

フェイスリフト

フェイスリフトとは、加齢によってできる皮膚のたるみやしわの改善のために行われる手術です。 たるみの原因は皮膚や筋肉・脂肪の下垂です。フェイスリフトには、切る手術と切らない手術がありますが、切らない手術であるプチ整形には限界があるため、しっかり改善をされたい方は皮膚、筋膜(SMAS)をしっかり引き上げる、切るフェイスリフトを行うことをおすすめします。


このようなお悩みの方に
  • しわ、たるみに対するこれまでのプチ整形治療や糸リフトでは満足できない。
  • 高いリフトアップ効果を望む。
  • ほうれい線、マリオネットラインが気になる。
  • 四角くなったフェイスラインをシャープにしたい。
料金について

フェイスリフト(トータル)¥990,000(税込)
ミニリフト(ミドル~ロー)¥715,000(税込)
ミニリフト(ハイ~ミドル)¥660,000(税込)

手術リスクと副作用

内出血・感染・腫れ、むくみ・一過性の顔面神経麻痺・肥厚性瘢痕


フェイスリフト施術

糸による切らないフェイスリフト『スレッドリフト(糸リフト)』

特殊な吸収糸を使用した切らないフェイスリフトアップ術です。 吸収糸は安全で適合性が高い糸を使用しており、皮膚を切らないため安心して手術を受けていただくことができます。 当院ではVOVリフトとウルトラVリフトの2種類のスレッドリフトがあります。患者様からヒアリングを行い、ご希望に合わせてご提案をいたします。


このようなお悩みの方に
  • フェイスラインのたるみを改善したい
  • ホホのたるみが気になる
  • ほうれい線が気になる
  • 老化によるたるみの予防をしたい
  • メスを使ったたるみ治療に抵抗がある
料金について

vovリフト 1本 ¥30,800、4本 ¥110,000、6本 ¥165,000、8本 ¥220,000(税込)/ウルトラVリフト 20本 ¥55,000、30本 ¥82,500、40本 ¥104,500(税込)

手術リスクと副作用

むくみ、腫れ、内出血 ※時間が経つと消失します。


スレッドリフト(糸リフト)

HIFU治療(ウルトラセルQプラス)

HIFU治療(ウルトラセルQプラス)とは、特殊な超音波テクノロジーを利用し、たるみの原因であるSMAS(表情筋層)にまで熱エネルギーを与え、お肌の奥から一気に引き締める「切らないリフトアップ」治療機器です。たるみや緩みが気になる、お顔・あごの下のほか、目元のリフト&引き締めも対応可能であり、小顔効果にも定評があります。


このようなお悩みの方に
  • フェイスラインのたるみが気になる
  • 小顔になりたい
  • 切らずにリフトアップしたい
  • 二重アゴが気になる
  • 肌にハリがなくなってきた
  • 小ジワをなんとかしたい
料金について

顔全体+アゴ下 ¥165,000(税込)

手術リスクと副作用

火傷・赤み・浮腫


             
         

美容情報番組『1番綺麗なあなた!』に宮里院長が出演されました。

   

 

 

テーマは「加齢による顔のたるみに効果の高い手術~切開リフト~」

 

 

テーマは「切らないリフトアップ~糸リフトやハイフってどんな施術~」

 

         

しわ・たるみ・フェイスリフト(顔のリフトアップ)の施術 よくあるご質問

Question

   フェイスリフト・ミニリフト施術にはどのような効果や見た目の変化がありますか?

Answer

フェイスリフトは、顔全体が小さくなり、ハリのある若々しい印象の見た目になる究極のエイジングケアです。
フェイスリフトとは、単に余った皮膚を取り除くのみではなく、皮膚直下のたるみの原因である表在性筋膜(SMAS)のゆるみも処理を行うため、フェイスラインのたるみが改善するのはもちろん、ほうれい線、首周りのシワ・たるみなどにも効果があり、非常に満足度の得られる施術です。
また創縁(傷のふち)へのテンションが少ないため、傷跡もきれいに治りやすいです。顔全体のたるみを改善するトータルフェイスリフトが斜上方へのリフトアップが効果的に 引き上がります。 最も悩みとして多い頬下顎や頚部(首)のたるみに関しては、ミニリフト(ミドル~ロー)での効果も大きく、人気の施術です。

Question

   フェイスリフトとミニリフト(2種)はどのように選択したらいいですか?

Answer

リフトアップ目的の施術するのならリフト効果は大きい方がいいので、効果の高い治療から優先的に検討する事が自然です。
そうなると、皮膚のたるみだけでなく筋肉(表在性筋膜)までしっかりリフトアップを行うフェイスリフトの外科治療がファーストチョイスとなります。
しかし人によっては術後のダウンタイムや傷の治癒経過など次第では適応とならない場合もあります。 その場合、治療のグレードを下げての治療選択(糸リフトやレーザー等)となるためリフト効果も下がります。
このようにどれが自分の条件に適しているかで、その人にとって最も効果の高い治療を選択するべきです。

Question

   20代でもフェイスリフトを受けても大丈夫でしょうか?

Answer

もちろん可能です。フェイスリフトというとご年配の方が受けるの手術というイメージですが、顔の脂肪吸引のあとや輪郭形成(骨削り)のあとではフェイスラインが落ち込んでたるむことがあります。
このような場合、フェイスリフトでたるみを取ることがあります。また、顔の脂肪吸引を同時に施術することも可能です。
まだ若いというだけの理由で手術を断られた若年層の方も、適応となるたるみがあるなら手術を引き受けさせていただきます。

Question

   フェイスリフトの手術中に痛みはありますか?

Answer

痛みに関してはご心配と思いますが、手術中の痛みはありません。
フェイスリフトは、基本的に眠る麻酔(静脈麻酔や全身麻酔)と局所麻酔の併用をするため、手術中に痛みを感じることはなく、麻酔から覚めたときには手術は終わっています。
また、フェイスリフト施術後の痛みは痛み止めの服用でコントロールして頂ける程度です。

Question

   フェイスリフト施術の麻酔はどのようなタイプがいいですか?

Answer

フェイスリフトの施術は痛みを伴うため静脈麻酔の併用が望ましいです。
静脈麻酔麻酔とは、点滴から麻酔薬を入れて眠った状態にする麻酔です。
当院では局所麻酔する時のみ眠る状態にするショートと、局所麻酔時以外も施術中を通して眠る状態にするロングの二通りがあります。 複数の組み合わせ手術がある場合は手術時間を要するためロングが望ましいです。

Question

   フェイスリフトの手術後、注意することはありますか?

Answer

フェイスリフト手術後の止血のために、フェイスバンテージ装着による患部の圧迫を行います。入浴・運動・飲酒など血行促進する行為も特に術後1週間は控えてもらっています。

Question

   フェイスリフトの傷痕は目立ちますか?

Answer

傷痕は気になりますよね。時間と共に目立たなくなります。(手術後一時的に傷痕が目立つこともあります)
フェイスリフトの切開部位は、髪の毛の中や生え際、耳の縁など目立ちにくい箇所を切開し、形成外科的な縫合法により傷痕をより目立ちにくくする事ができます。傷痕が完全に消える事はありませんが、抜糸後3ヶ月まではテープ固定することで、より傷痕を目立ちにくくすることができます。

Question

   フェイスリフトは顔にメスを入れるという事ですが、顔面神経など大切な器官に傷がつくというような危険はないのでしょうか?

Answer

SMASのすぐ下には顔面神経という顔の動きに重要な神経が走行しているため、非常に稀とはいえ、フェイスリフトは顔面神経を損傷する危険性がある手術と言えます。 そのため、術者は顔面神経の走行部位を熟知した上で安全で効果的な手術を行わなければならず、実際に当院ではこれまでフェイスリフト術後に顔面神経麻痺等の重大な合併症が生じた例はございません。しかしながら、手術における解剖学な特徴上、このような合併症の可能性を完全に回避できることではないため、術後合併症の危険性がゼロにはならないことを必ずご説明させて頂いております。

Question

   フェイスリフトの効果はどのくらい保持されますか?

Answer

フェイスリフトは一般的に5~10年以上の効果の持続と言われています。
フェイスリフトのリフトアップ効果はとても大きく、そのため「見た目年齢が10年若返る」とも言われています。
フェイスリフトは、後戻りのない手術ですので、手術によって一旦たるみがリセットされる状態になります。リセットされた直後から加齢が始まっているため、手術してからの生活習慣によって、持続効果には個人差が生じます。

Question

   フェイスリフトの治療を受けられない人はいますか?

Answer

基礎疾患を有し主治医による手術の許可が得られない方、妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方、授乳中の方などは治療(手術)を受けることができません。その他、切除するほどのたるみが生じていない場合などフェイスリフトの手術適応とならない方。

Question

   フェイスリフトの術後、化粧はできますか?

Answer

フェイスリフト施術部分以外なら当日から可能な範囲でメイクはできますが、手術当日からドレーン抜去(術後2日目)までは、メイク落としでの対応となります。ドレーン抜去翌日(術後3日目)からは、洗顔可能となります。

Question

   VOVリフトとウルトラVリフトの違いは何ですか?

Answer

どちらも外科手術に抵抗がある方にお勧めのリフトアップ治療です。しっかりと引き上げたい方はVOVリフトがお勧めです。ウルトラVリフトは、より自然な変化をご希望の方にお勧めで、さらにお肌のハリ・ツヤがアップします。

Question

   ウルトラセルQプラス(HIFU)のリフトアップ効果はどのぐらい持続しますか?

Answer

ウルトラセルQプラス(HIFU)のリフトアップ効果には個人差がありますが、効果を維持するためには半年に1回の施術が理想的です。

Question

   スレッドリフト(糸リフト)によるリフトアップ効果はどのぐらい持続しますか?

Answer

個人差がありますが、7~12ヶ月の効果の持続が通常です。

Question

   糸による体への悪影響はないでしょうか?

Answer

糸が体内に吸収されることによる悪影響の報告はございませんが、吸収される前の糸に感染(異物感染)が生じた場合は適切な処置が必要になる事があります。

Question

   数年前に糸リフトをやったことがあるのですが、もう一度糸リフト施術を受けても大丈夫でしょうか?

Answer

基本的に問題になる事はほとんどありません。

Question

   糸リフト施術後、いつから仕事は行えますか?

Answer

個人差がありますが、(早い方で翌日など)早期復職が可能です。

本ページを監修した
医師情報

<医師名>

院長 宮里裕

院長 宮里裕

<資格>

  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員

<医師の経歴>

1997年
近畿大学医学部 卒業
2003年
近畿大学大学院医学研究科 卒業。同附属病院形成外科(医学部講師)及び麻酔科、他関連病院形成外科(部長)等を経て、美容外科の基礎となる形成外科、麻酔科の診療実績を積み重ねる。
2008年
リッツ美容外科 大阪院
2011年
恵聖会クリニック 心斎橋院院長
2019年2月
MIYAフェイスクリニック 開院

<所属学会情報>