大阪難波で顔・フェイスライン専門の
美容整形外科・
美容皮膚科・形成外科

TEL.06-6585-9138

スタッフブログ

レーザー治療後の色素沈着について

2020.10.06

スタッフブログ

レーザー治療後の色素沈着について

こんにちは。大阪難波MIYAフェイスクリニック 看護部のKです。
本日は、レーザーを使ったほくろやシミ取り後の「炎症後色素沈着」について
お話します。

色素沈着とはいっても様々な種類があり、シミや肝斑、そばかすなどもその1つです。

その中でも炎症後色素沈着とは、ニキビやケガ、火傷、虫刺されをした部位が炎症を起こし、
炎症によって刺激を受けたメラノサイトがメラニンを生成します。
通常は刺激がおさまれば色素沈着も落ち着いていき、肌のターンオーバーとともに徐々に薄く目立たなくなることが多いのですが、症状が悪化した場合や炎症後色素沈着に日焼けした場合などは消えずに残こるケースもあります。

 

多くの場合1年程で、色素沈着は自然に消えていきますが、受けたダメージの状況や、アフターケアの
仕方によっては、長く残存してしまうこともあります。

当院ではシミ取りやホクロ取りにレーザーを用いています。それらのレーザー照射により生じる熱で
皮膚に炎症が起こるため、施術後に色素沈着になってしまうことがあります。
そうなってしまった場合、悪化させないためには紫外線と摩擦を避け、
なるべく皮膚を安静にすることが重要となります。

レーザー照射後の色素沈着を予防したい、なってしまった炎症後色素沈着の経過を早めたいという患者様は多く、当院ではケア商品として「HQコンシーラー」をオススメしております。

こちらのコンシーラーには美白成分として名高い”ハイドロキノン”が4%配合されています。
ハイドロキノンとは、シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を阻害する作用があり、お肌の漂白剤とも言われています。
そのため、コンシーラーとして気になる部分をカバーしながら、シミやレーザー後の色素沈着にも効果的な商品となっております。

また、SPF50 PA+++とUVカットも出来る為、日中でも安心してお使いいただけます。


また、炎症後色素沈着を予防する商品として「プラスリストア ナノHQクリームEX」の取り扱いもございます。
こちらは、ハイドロキノン4%に加え、活性化酸素を吸収・無害化する‶フラーレン‶という成分も配合されております。

 

【料金】
  HQコンシーラー  2.7g ¥3,800(税抜)

 ナノHQクリームEX 5g ¥2,000(税抜)

HQコンシーラーは当院のパウダールームにテスターをご用意しております。
是非一度お試しください。

商品のご購入のみのご来院も可能です。皆様のご来院お待ちしております。

ほくろ・イボ除去についてはこちら