大阪難波で顔・フェイスライン専門の
美容整形外科・
美容皮膚科・形成外科

TEL.06-6585-9138

スタッフブログ

ほうれい線のヒアルロン酸注入で若々しく

2022.06.25

プチ整形スタッフブログ

みなさんこんにちは。大阪難波、MIYAフェイスクリニックのKです。

今回は、ほうれい線へのヒアルロン酸注入についてご紹介致します。

 

 

●ほうれい線とは

小鼻から口の両側を通り、あごに続くシワのことをほうれい線と言います。

真皮のコラーゲンやエラスチンの劣化と減少によって頬のたるみが起こり始め、その下層にある表情筋の委縮と脂肪組織の劣化によってほうれい線はより深くなっていきます。

 

●ほうれい線の原因

ほうれい線の原因は紫外線によるものや、乾燥、老化、表情筋をあまり使わない、柔らかい物ばかりを食べる、生活習慣、ダイエットなど多岐に渡ります。

生まれつきの骨格によってもほうれい線のできやすい人とできにくい人があります。

 

●ほうれい線へのヒアルロン酸注入のメリット・デメリット

■メリット

ヒアルロン酸が注入部を持ち上げるボリュームアップ効果でシワやほうれい線を目立たなくさせます。 施術時間も短く、施術直後から効果を実感できます。

■デメリット

ヒアルロン酸は時間とともに分解吸収されていきます。ヒアルロン酸の種類によって持続時間は異なりますが、おおよそ12ヶ月から18ヶ月で分解されて効果が失われていき、繰り返しの施術が必要となります。

 

 

 

ヒアルロン酸を皮下に注入することで自然なボリュームアップやハリを取り戻すことができます。

気になりやすい鼻横の三角ゾーンは切開のフェイスリフトをしても浅くなりますが残存すると言われいます。

当院ではヒアルロン酸注入等をすすめており、簡単に改善することができます。

MIYAフェイスクリニックではお一人お一人に合ったヒアルロン酸注入をご提案いたしますので

ヒアルロン酸注入によるプチ整形をお考えの方はぜひご相談くださいませ。

 

 

MIYAフェイスクリニックでは「1番綺麗なあなた!」を目指し、患者様とのカウンセリングを重要視しております。

プチ整形から本格的な 美容外科手術まで、一人一人にバランス良く、ハイセンスで、かつ効果的な治療をご提案させて頂きます。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

 

本ページを監修した
医師情報

<医師名>

院長 宮里裕

院長 宮里裕

<資格>

  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医

<医師の経歴>

1997年
近畿大学医学部 卒業
2003年
近畿大学大学院医学研究科 卒業。同附属病院形成外科(医学部講師)及び麻酔科、他関連病院形成外科(部長)等を経て、美容外科の基礎となる形成外科、麻酔科の診療実績を積み重ねる。
2008年
リッツ美容外科 大阪院
2011年
恵聖会クリニック 心斎橋院院長
2019年2月
MIYAフェイスクリニック 開院

<所属学会情報>

LINE友だち追加