大阪難波で顔・フェイスライン専門の
美容整形外科・
美容皮膚科・形成外科

TEL.06-6585-9138

フェイスリフト

         

フェイスリフトとは

フェイスラインを引き締め、たるみを取り除く

写真:院長 宮里 裕
院長 宮里 裕

フェイスリフトは、加齢によってたるんでしまったフェイスラインを取り戻すために行うリフトアップ手術です。顔の皮膚を引き上げる事でしわやたるみを取るという治療の中で一番確実な方法になります。たるみの原因は皮膚のみではなく、筋肉や脂肪の下垂もあり、フェイスラインを取り戻すには皮膚を切らない糸リフトなどのプチ整形では限界があり、ホホ(フェイスライン、アゴ下)の皮膚のたるみだけでなく筋肉(表在性筋膜)までしっかり引き上げ、耳の周囲で余った皮膚を切除するフェイスリフトによりマリオネットラインやフェイスラインを改善します。
フェイスリフトは確実なリフトアップをご希望の方におすすめの施術です。

フェイスリフトについて

フェイスリフトとは、加齢によってたるんでしまったフェイスラインを取り戻すために行うリフトアップ手術です。
フェイスリフトは、こんなお悩みの方におすすめです。

・しわ、たるみに対するこれまでのプチ整形治療や糸リフトでは満足できない。
・最も確実なリフトアップ効果を望む。
・ほうれい線、マリオネットラインが気になる。
・四角くなったフェイスラインをシャープにしたい。

 

MIYAフェイスクリニックのフェイスリフトの特徴

MIYAフェイスクリニックでは、患者様の状態に合った最適な引き上げ効果を考えた治療方法を事前に相談しながら、その方にとって最も効果の高い施術をご提案しています。

 

施術の流れ フェイスリフト(ミニリフト ミドル~ロー)

1.施術デザインを決めていきお客様に説明を行い、確認していただきます。
2.施術前に最終施術ラインの位置を描いていきます。
3.施術ラインに沿って切開していきます。
5.筋膜(SMAS)と脂肪層を剥離していきます。
6.筋膜(SMAS)の引き締め処理をします。
7.切除量を決めて仮縫いをします。
8.余分な皮膚組織を切除します。
9.傷跡が残らないように丁寧に縫合していきます。

 

 

フェイスリフトの種類

フェイスリフトは非常にリフトアップ効果の高い施術です。
フェイスリフトには3種類の施術があります。

フェイスリフトの引上げ位置はHight(ハイ)、Middle(ミドル)、Low(ロー)の三種類があり、すべてを含む場合はTotal(トータル)となります。

リフトの種類はフェイスリフト(トータル)、ミニリフト(ハイ~ミドル)、ミニリフト(ミドル~ロー)の3種類がありそれぞれ切開部分とリフトアップ方向が違います。最も効果の高いのはフェイスリフトです。

■フェイスリフト(トータル)

リフトアップ度・・・★★★★★
【効果】
・顔全体のリフトアップ
・斜め上方への引き上げ
リフト効果は最も高く、確実なリフトアップを希望する方におすすめ。
毛髪領域であっても髪の毛は剃りません。

 

■ミニリフト(ハイ~ミドル)

リフトアップ度・・・★★★☆☆
【効果】
・こめかみ、頬のたるみをリフトアップ
・下顎のたるみが少ない人におすすめ。
毛髪領域であっても髪の毛は剃りません。

 

■ミニリフト(ミドル~ロー)

リフトアップ度・・・★★★★☆
【効果】
・頬のたるみ、下顎のフェイスラインのリフトアップ
こめかみリフトは含まないため、リフトの引き上げ方向がほかの2つより緩やか。 加齢による下顎のたるみと頬部の治療には必須です。

 

フェイスリフトの効果

フェイスリフトとは、単に余った皮膚を取り除くのみではなく、皮膚直下の表在性筋膜(SMAS)処理を行うため、引上げ効果が非常に大きいです。
また創縁(傷のふち)へのテンションが少ないため、傷跡もきれいに治りやすいです。顔全体のたるみを改善するトータルフェイスリフトが斜上方へのリフトアップが最も効果的に 引き上がります。 最も悩みとして多い頬下顎や頚部(首)のたるみに関しては、ミニリフト(ミドル~ロー)での効果も大きく、非常に満足度の得られる施術です。

 

フェイスリフト施術の選択について

リフトアップ目的の施術するのならリフト効果は大きい方がいいので、効果の高い治療から優先的に検討する事が自然です。
そうなると確実なリフトアップ効果が期待できるフェイスリフトの外科治療がファーストチョイスとなります。
しかし人によっては術後のダウンタイムや傷の治癒経過など次第では適応とならない場合もあります。 その場合、治療のグレードを下げての治療選択(糸リフトやレーザー等)となるためリフト効果も下がります。
このようにどれが自分の条件に適しているかで、その人にとって最も効果の高い治療を選択するべきです。

 

フェイスリフト施術の麻酔について

フェイスリフトの施術は痛みを伴うため静脈麻酔の併用が望ましいです。
静脈麻酔麻酔とは、点滴から麻酔薬を入れて眠った状態にする麻酔です。
当院では局所麻酔する時のみ眠る状態にするショートと、局所麻酔時以外も施術中を通して眠る状態にするロングの二通りがあります。 複数の組み合わせ手術がある場合は手術時間を要するためロングが望ましいです。

 

フェイスリフト施術のリスクについて

皮下直下の表在性筋膜(SMAS)処理をするために非常に引上げ効果が大きくなりますが、皮下剥離の範囲が広くなる為、ダウンタイムが長くなるという特徴があります。

 

フェイスリフト施術の主な合併症症状および対処方法について

顔面には顔面神経という非常に重要な神経が走っているので、手術には非常に専門的な知識と経験が必要になります。
当院院長は形成外科専門医・美容外科医として十数年にわたり美容医療の最前線で実践的な診療経験を積み重ね、安全な施術のため常に細心の注意を払っております。
主な合併症の症状および対処方法は下記をご覧ください。

 

血腫形成(血の塊り)について

血腫とは、内出血により体内の一ヶ所に血液がたまる事で、コブのように腫れあがった物です。 フェイスリフトは、広範囲の皮下剥離を行いますので、剥がした皮膚の下に血腫形成が生じる事があります。当院では術後血腫形成予防にシリコンチューブ(ドレーン)を留置し、ドレーンを通じて皮下に生じた血液を体外に排液する処置を行っております。ドレーンは、術後2日以内に抜去します。

 

手術の傷痕について

フェイスリフトの切開は側頭部、耳前部、耳後部に及びます。 形成外科的な縫合手技により、傷痕をより目立ちにくくする事ができます。傷が落ち着くまでには半年~1年はかかりますが、傷がなくなる訳ではない事を正しく認識しなければなりません。

 

感染症について

感染予防対策として、手術時の清潔操作はもちろんのこと、術後抗生物質の服用を行っております。 手術後の免疫力を維持する為には食事での栄養管理や充分な休憩が必要になります。

 

薬剤過敏症について

手術では多くの薬剤を使用いたします。 身体に適さない場合は重篤な合併症(アナフィラキシーショック等)を引き起こす可能性があります。 手術中は最善の注意を払って薬害投与を行いますが、術前に患者様のアレルギー歴の確認を必ずさせていただいております。

 

腫れについて

外科手術は、術後に腫れが生じる事が通常です。 フェイスリフトのような顔の広範囲に皮下剥離等の大きな侵襲が加わると、当然顔に大きな腫れが生じます。大きな腫れは2週間から4週間程度です。最終的に腫れが消失するには3ヶ月以上かかります。 ただし、腫れの程度には個人差がありますが顔の横幅が生じ、太ったように思われる事がほとんどです。

 

フェイスリフト 術後のアフターケア

術後1週間後に抜糸を行います。施術1ヶ月後、3ヶ月後に定期検診(無料)を実施し、経過を診させていただきます。
その他の気になる点などがあれば、定期検診を実施いたしますので都度ご連絡・ご相談ください。

 

手術当日【ご来院】
術後の処置と状態 血腫形成予防にシリコンチューブ(ドレーン)を留置します。施術後の腫れのピークは2~3日後で、大きな腫れは2週間以内で軽快します。
アフターケア 痛みに対しては痛み止めでコントロールして頂ける程度が通常です。
内服 ・抗生剤 ・痛み止め
衛生面など 施術部分以外なら当日から可能な範囲でメイクは可能です。ただし洗顔が出来ないのでふき取りのメイク落としで対応して頂きます。
日常の注意点 入眠時は頭を高くして寝て頂く方が腫れの軽減になります。
注意事項 フェイスバンテージによる患部の圧迫をして下さい。入浴・運動・飲酒など血行促進する行為は1週間は控えめにして下さい。
その他 次回検診(1~2日目のドレーン抜去)のご予約を取っていただきます。
1~2日目 ドレーン抜去【ご来院】
状態の確認など ドレーンを抜去し、施術部分の状態を見させていただきます。痛みや腫れが大きく気になる場合はご相談下さい。
日常の注意点 施術後1週間はフェイスバンテージを装着して下さい。(終日)激しい運動などは控えて下さい。
その他 次回検診(1週間検診・抜糸)のご予約を取っていただきます。
1週間検診 抜糸【ご来院】
状態の確認など 抜糸を行い、施術部分の状態を見させていただきます。腫れや痛みは少しずつ落ち着いていきますが気になる場合はご相談下さい。
日常の注意点 施術後1ヶ月はフェイスバンテージを装着して下さい。(外出時以外)
その他 次回検診(2週間検診)のご予約を取っていただきます。
2週間検診【ご来院】
状態の確認など 施術部分の状態を見させていただきます。腫れや痛みは少しずつ落ち着いていきますが気になる場合はご相談下さい。
日常の注意点 施術後1ヶ月はフェイスバンテージを装着して下さい。(外出時以外)
その他 次回検診(1ヶ月検診)のご予約を取っていただきます。
1ヶ月検診【ご来院】
状態の確認など 施術部分の状態を見させていただきます。大きな腫れは落ち着きますが、施術が完成するまでは3ヶ月程度の期間を要します。
その他 次回検診(3ヶ月検診)のご予約を取っていただきます。
3ヶ月検診【ご来院】
状態の確認など 施術部分の状態を見させていただきます。腫れはほぼ落ち着き(個人差があります)自然な状態に近づきます。
その他【ご来院】
状態の確認など 定期健診以外でも気になる点や不安な点がある場合はお電話にてご連絡ください。随時状態を見させていただきます。

 

         

料金

ミニリフトHightーMiddle
(ハイ~ミドル)
¥500,000
(他院修正の場合:+¥150,000)
MiddleーLow
(ミドル~ロー)
¥600,000
(他院修正の場合:+¥150,000)
フェイスリフトTotal(トータル)¥850,000
(他院修正の場合:+¥250,000)

* 表示価格はすべて税抜価格です