大阪難波で顔・フェイスライン専門の
美容整形外科・
美容皮膚科・形成外科

TEL.06-6585-9138

レーザートーニング(フォトナQX)

         

レーザートーニング(フォトナQX)とは

複数回の治療でダウンタイムのない改善を

写真:院長 宮里 裕
院長 宮里 裕

フォトナQXは、厚労省に承認されている532nmと1064nmを合わせもつQスイッチYAGレーザーで、ヨーロッパで長年研究されてきた高い技術力とノウハウを集結したワンランク上のトーニング機器です。
レーザートーニングとは、QスイッチYAGレーザーによる低出力照射により、しみ・くすみや肝斑などを複数回の治療でダウンタイムなく改善させることを目的とした治療です。

レーザートーニングの波長は、台形型に患部にムラなく均一にパワーを与える「トップハット型」のため、より安全にしみ・くすみの原因であるメラニンを徐々に減らしていきます。また、肝斑の他にも毛穴の開きにも効果的で、肌にハリを出しキメを整えていきます。




施術ポイント レーザートーニング
QスイッチYAGレーザーを非常に弱いパワーで照射し、シミの原因のメラニンに緩やかに働きかけ、シミ・くすみ・肝斑を改善させ明るく透明感のある肌に導きます。


 

手術当日【ご来院】
術後の処置と状態 レーザートーニング後は患部に赤み等が出る場合がありますが数日で落ち着きます。
衛生面など お肌を清潔に保つようにしましょう。保湿を充分に行いましょう。
注意事項 患部に直射日光を当てないように十分注意しましょう。
その他【ご来院】
状態の確認など 施術後に気になる点や不安な点がある場合はお電話にてご連絡ください。随時状態を見させていただきます。

 

         

料金

しみ、くすみ、肝斑など1回 ¥10,000
5回目は無料

* 表示価格はすべて税抜価格です