大阪難波で顔・フェイスライン専門の
美容整形外科・
美容皮膚科・形成外科

TEL.06-6585-9138

HIFU治療(ウルトラセルQプラス)

         

HIFU治療(ウルトラセルQプラス)とは

切らないリフトアップレーザー

写真:院長 宮里 裕
院長 宮里 裕

ウルトラセルQプラスは、HIFU(高密度焦点式超音波)という特殊な超音波テクノロジーを利用し、たるみの原因であるSMAS(表情筋層)にまで熱エネルギーを与え、お肌の奥から一気に引き締める「切らないリフトアップ」治療機器です。
3つの深さのカートリッジ(1.5㎜、3㎜、4.5㎜)によるHIFU照射でSMAS層や皮下脂肪層だけでなく真皮層(浅い層)への3層へアプローチし、深い層から浅い層まで全ての層にピンポイントで熱を与えることが可能になり、よりリフトアップ効果が期待できます。
また、脂肪細胞を破壊・排出を行い小顔効果も期待でき、熱ダメージによって傷ついた部分を治そうとコラーゲンの再生が行われ、照射部にハリが出る効果も得ることが出来ます。

たるみや緩みが気になる、お顔・あごの下のほか、目元のリフト&引き締めも対応可能です。
ウルトラセルQプラスの効果が最大になるのは直後と2~3ヶ月後(遅延効果)です。

HIFU治療とは

HIFUはHigh intensity focused ultrasoundの頭文字を取った略称であり、日本語では「高密度焦点式超音波」と言います。
HIFU治療とは、表面の皮膚を火傷させることなく、熱でSMAS筋膜(表情筋層)・皮下脂肪層・真皮層の三層を引き締める仕組みで、肌のたるみを根本的に改善する治療法です。
当院では、ウルトラセルQプラスによるHIFU治療を行っております。

 

施術ポイント HIFU治療(ウルトラセルQプラス)

1.ウルトラセルQプラスは高密度焦点式超音波(HIFU)を照射することでたるみの原因であるSMAS(表情筋層)にピンポイントで熱を与え、顔のたるみを一気にリフトアップします。
2.従来の照射ポイントである4.5㎜と3.0㎜に、さらに1.5㎜への照射ポイントが加わり、皮下組織の深い層から浅い層まで熱を与え、よりリフトアップ効果が期待できます。

 

HIFU治療(ウルトラセルQプラス)の特徴

ウルトラセルQプラス 照射ポイント


ウルトラセルQプラスは、3つの層に働きかけ、総合的に肌のたるみを引き締めリフトアップ
HIFUの深達度が3.0mmならびに4.5mmに加え1.5mmのカートリッジを用いて、SMAS、皮下脂肪、真皮層に働きかけ、総合的に肌のたるみを引き締めます。
施術後2~3ヶ月が最も効果を感じていただきやすく、その効果は半年から1年程度持続いたします。

 

手術当日【ご来院】
術後の処置と状態 施術後は一時的に赤み等が出る場合がありますが数日で落ち着きます。
アフターケア 保湿、UVケアをしっかりと行いましょう。
保湿を充分に行いましょう。
衛生面など 特に制限はござません。
日常の注意点 入浴・運動・飲酒など血行促進する行為はお控え下さい。患部のマッサージや、エステ等の施術はお控え下さい。
注意事項 施術後すぐにメイクが可能です。当日からシャワー浴、洗顔が可能です。
その他【ご来院】
状態の確認など 施術後に気になる点や不安な点がある場合はお電話にてご連絡ください。随時状態を見させていただきます。

 

         

料金

HIFU治療
(ウルトラセルQプラス)
顔全体+アゴ下¥150,000

* 表示価格はすべて税抜価格です