顔・フェイスライン専門の
美容外科・
美容皮膚科・形成外科

TEL.06-6585-9138

ドクターブログ

二重まぶたのカウンセリングと症例紹介

2019.08.25

ブログ

大阪難波のMIYAフェイスクリニック院長の宮里です。
長期休暇の夏休みがもうすぐ終わろうとし、学生さんにとってはそろそろ憂鬱で心中穏やかでない時期ではないかと、私の学生時代の記憶をもとにご察し申し上げます。

そんな夏休みの終わりには関係なく、プチ整形治療の代表の1つである「二重まぶたの埋没手術」の人気の終焉はどこにも見当たりません。

二重まぶた治療に関し、二重ラインのタイプには、大きく分けて「末広型」、「平行型」とがあります。カウンセリングでは、希望のタイプがどちらかを必ず問いますが、共通して付随するリクエストの1つに「自然な感じで!」のキーワードがついて回ることがほとんどです。

しかし、この「自然な感じで!」は、人それぞれの自然の基準が異なるので、患者様の希望を的確に引き出せなければ、患者様の要望を実現することが難しくなります。また、術者である私自身でカウンセリングを行わないと、微妙な言葉のニュアンスやシミュレーションでの細かなイメージを正確にキャッチできなくなるので、私の周りにも信頼おけるスタッフ達がいるのですが、やはりカウンセリングを人任せにすることはできません。

実際にカウンセリングの一例では、

「平行型」でなく、「末広型」でもなく、理想的な二重まぶたの画像をみせてもらうと、「内側に幅のある末広型」という感じ?、あるいは「平行型に近いような末広型」の表現の方がしっくりくる?

しかし、専用ブジーでシミュレーションしてみたら、あーでもない、こーでもない・・・・・。

患者様「それです!」
私「わかった!もう一度ブジーで押さえてみ てみましょう。」
患者様「やっぱり前の方がいいかな〜?」
私「こんな感じだったかな?」
患者様「なんか、わからなくなってきた〜?」
私「よし、では頭の中をクールダウンして、最初から検証しなおしましょう!」
・・・・・・。

患者様「それです!」
私「ん⁈、結局、最初のラインに戻ったんじゃない?」
のような感じであったり(笑)。

今回、3点埋没法の症例をご紹介させて頂きます。
「内側に幅のある末広型」を希望です。
もちろん「自然な感じ!」にです。

 

【二重まぶた 埋没3点法(1年保証)の料金】

¥58,000(税抜)

 

【二重まぶた 埋没3点法のリスク・副作用】

腫れ・浮腫・内出血・感染症
(術後から腫れがありますが、数日~1週間でほぼ落ち着きます。稀に内出血が生じますが、1~2週間で消失します)
 

モニター募集はこちら>>

学生優待もあります